キャラクターグッズ・フィギュア・おもちゃ、ホビー通販サイト10,000円以上お買い上げで送料無料!!

サイバーホビー 1/35 WW.II 日本帝国陸軍 歩兵 ペリリュー 1944 フィギュア4体セット

標準価格(税込): 1,728円

販売価格(税込): 1,296円(25%OFF)

          (本体価格1,200円+税96円)

ポイント: 12ポイント還元

この商品は予約受付停止です。

在庫状況: 入荷待ち

メーカー: サイバーホビー

発売日:2013/4月発売

入荷日:未定

お取り置き期限:未定

画像をクリックして拡大イメージを表示

商品の仕様

第一次世界大戦後、日本の委任統治領となっていたパラオ諸島はその後戦略的に重要性を高め、日本軍の基地が整備されていきました。
太平洋戦争時には日本軍によって飛行場が整備され、日本の防衛の重要拠点となっていたのです。
太平洋戦争では反撃に転じたアメリカ軍が1944年9月15日に上陸作戦を開始。
これを中心となっ迎え撃ったのが日本陸軍第14師団歩兵第2連隊でした。
島の地形を利用し、洞窟を要塞化するなど頑強な陣地を構築し徹底抗戦。アメリカ軍の思惑に反し、長期持久戦となり、上陸部隊のアメリカ第1海兵連隊は壊滅的な損害を受けることになったのです。
最終的にアメリカ軍がペリリュー島を制圧するのは11月27日。
数的劣勢にかかわらず、戦闘開始から2か月半にわたって日本軍守備隊は奮戦を続けたのです。

ペリリュー島の戦いで奮戦した日本軍歩兵4体をキット化。
気迫あふれる戦闘ポーズをリアルに再現したモデルはピストルと軍刀を手にした将校1体と、地面に伏せて機関銃を操作する兵士2体、膝をついて狙いを定める兵士1体をセット。
歩兵の足元は地下足袋にゲートル姿をモデル化しているのも注目です。
もちろん将校が手にする南部九五式ピストルをはじめ、兵士が構える九九式小銃、九九式軽機関銃も新金型によりディテールもシャープな仕上がりです。
また、ヘルメットや腰に取り付けた装備品もセット。

同じ1/35スケールで発売中の日本陸軍九五式軽戦車 ハ号と組み合わせたり、ペリリュー戦以外にも太平洋戦争の後期から終戦までの幅広い情景の再現にも使っていただけるモデルです。

■1/35スケール

ページの先頭へ