キャラクターグッズ・フィギュア・おもちゃ、ホビー通販サイト10,000円以上お買い上げで送料無料!!

マクロス 1/60 完全変形 YF-19 試作3号機 バード・オブ・プレイ

標準価格(税込): 20,304円

販売価格(税込): 18,274円(10%OFF)

          (本体価格16,920円+税1,354円)

ポイント: 169ポイント還元

この商品は売切です。

在庫状況: 在庫なし

メーカー: やまと

シリーズ: やまとマクロスシリーズ

原作: マクロスプラス

発売日:2009/8月発売

入荷日:入荷済み

お取り置き期限:今ご注文頂くと2016/12/31まで

画像をクリックして拡大イメージを表示

商品の仕様

マクロス作品の中で数少ない「前進翼」を持つ代表的な機体「YF-19」を、新たなカラーリングのもと商品化を実現!

シャロンアップル事件後に再開したプロジェクト スーパーノヴァでアースカラーのYF-19の代わりに使用された試作機のイメージとして商品化。

「YF-19試作3号機 バード・オブ・プレイ」は、機体色ホワイトに映えるオレンジラインを施した機体です。

シンプルかつ明るいイメージの配色に仕上がっています。
今まで数回の生産により世に出た「1/60 YF-19」ですが、今回の発売に併せた形で生産工場の検査基準を見直し、醍醐味でもある変形や可動関節、パーツの合わせ箇所等の検証を実施。

精度が上がっています!
「YF- 19・試作3号機」は、高い操縦技術を必要とした2号機をハードからソフトまで徹底的に検証、大幅な変更が加えられ、主に高機動戦闘を想定したファイター・ガウォーク・バトロイド各形態への変形テストデータの収集に用いられた。

テストは、大気圏内や周辺の宇宙空間はもとより、旧アームドクラスを改装したテスト母艦「ライホウ」をベースとして惑星エデン周辺の惑星にも持ち込まれ、あらゆる環境下で行われた。
本機では、アースカラーを基調とした2号機からイメージを一新。ホワイトのボディにオレンジを配した視認性の高いデモカラーが施された。

この塗装は、統合政府以前のアメリカ軍航空機開発チームがテスト機に用いていた配色を採用。

開発スタッフの「初心に戻る」という意気込みを表現しているとされている。

しかし、過去の地球で製作されたSFドラマに登場する宇宙船にその形状が似ていることから「バード・オブ・プレイ」のコールネームが与えられていることも考えると、スタッフの地球回顧主義によるものであると思われる。

徹底的なまでのデータ収集した3号機は、長距離航行テストを主任務とする試作4号機にその立場を譲り渡し、YF-19の開発を再スタートさせる役目を終えている。



■原型協力:吉山治樹(solid)
■材質:本体:ABS、POM、亜鉛合金、他
■商品サイズ:ファイター形態時 約24cm
■パッケージ形態:フラップトップ付きウィンドウボックス
■パッケージサイズ:H370×W360×D140mm
■付属品:ガンポッド、パイロットフィギュア、POM素材版カナード1組、マクロススタンド(別売)用アタッチメント2種、マーキングステッカー、扱説明書

ページの先頭へ